サファイアの色や産地とエメラルドの特徴

サファイアはコランダムと呼ばれる好物に属し、宝石の価値を持つ希少性の高い鉱物です。

しかし、コランダムに属する石の中で赤い色を持つものはルビーとして分類されます。

サファイアの語源はラテン語でsapphirusで、青色を意味します。

一般的に鉄やチタンなどを不純物として含み、それによってサファイアといえば青というイメージが強いかと思いますが、赤色以外のものはすべてサファイアと呼びますので、青以外にもサファイアには様々な色合いがあります。

グリーン、バイオレット、オレンジ、ピンク、イエローまた無色などサファイアには様々な色合いのものが存在します。

中には、ピンクサファイアとオレンジサファイアの、中間の色合いを持つパパらチアサファイアと呼ばれるものがあり、この色合いが生じることは環境や条件から見ても大変まれなケースとなるため、きわめて高い希少価値が認められています。

サファイアの主な産地は、カシミールやミャンマー、バイリン、スリランカなどの世界各国でありますが、アジアにその産地は偏っています。

上質なサファイアはサファイア買取店などでも高値で取引されています。

産地により色の濃淡や透明度に特徴があり、それによりその価値は大きく上下しますが、いずれのサファイアも希少なものとして取り扱われます。

エメラルド

エメラルドは世界5大宝石に分類され、古くから伝わる宝石です。

エメラルドグリーンという言葉が、美しい緑色を意味する言葉として使われているように、緑色をしているのが特徴のカラーストーンです。

7.5から8の高度を誇る硬い石でありますが、不純物が多い場合は割れやすい性質があります。

鉱物学的には緑柱石に分類され、アクアマリンと同族になります。

エメラルド買取店などでは、脆く・インクルージョンが多い宝石でありますが、きれいなエメラルドグリーンを放つためにクロムと言われる成分が必要で、それが結晶に入り込むとき無理が生じるのが原因です。

しかしながらこの成分がなければ、エメラルドは綺麗な緑色を放つことはないため、不純物が少なく深い緑を示す最高級品はほとんど産出されません。

エメラルドの中でも最も価値が高いとされるのは、エメラルドグリーンのような軽い色合いではなく、深く重みのあるグリーンを持つ個体です。

また、インクルージョンについてはは、エメラルドの場合は入っていて当たり前ととらえるのが前提ですが、選ぶ際にはできるだけ不純物が少ないものがお勧めです。

コロンビア産のものが上質とされているので、産地にも注意をしながら選ぶと良いでしょう。

ショパール ハッピーダイヤモンド2016年新作

ショパールの人気モデルであるハッピーダイヤモンドは、最初メンズウォッチとして誕生しました。

大きなサイズ感が特徴のクッションシェイプで、18Kホワイトゴールドのケースとブレスレットが装備された、ブラック文字盤のものでした。

これは、ムービングダイヤモンドの魅力を際立てる作品でした。

このハッピーダイヤモンドは、1976年に格式高い、バーデン・バーデンのゴールデン・ローズ賞を受賞し、2016年それから40周年を祝って、新しいモデルが誕生したのです。

オリジナルのクッションシェイプを残しつつ、レディースモデルとして生まれ変わりました。

ヴィンテージでいて、コンテンポラリーな魅力を持ち、価値あるジュエリーウォッチが生まれたのです。

プロングセッティングダイヤモンドが文字盤の周りを飾り、柔らかいカーブをより一層惹きたてています。

新作ムービングダイヤモンドは、ホワイトオブパールが背景に採用されており、自由に舞う姿が印象的です。

これはハッピーダイヤモンドモデルで初めてで、既存のモデルより大粒で異なるカットにより多くのパールが施されていることで、華麗なダイヤモンドとのコンビネーションが協調されるデザインとなっています。

ショパールリングコレクション

ショパールのジュエリーはブライダルジュエリーとしても人気があります。

18Kゴールド、ダイヤモンドなど様々な希少価値の高い宝石で成功に作られたリングは、ショパールのアイコンでもあります。

流行に左右されないクラシカルなデザインが人気の秘密です。

ショパールのインぺリアーレは、刺繍のように紡ぐようにして作られたリングです。

王冠のように、ゴージャスなカクテルリング、そしてレースのように繊細に編み出されたデザインが特徴です。

このモデルは、ショパールが数多く揃えるジュエリーコレクションの中でも、最も輝き威厳に満ちたものをと願う、洗練された女性のために作られたコレクションです。

ショパールディッシモはモダンでいて、真にクラシカルを追求したリングです。

繊細に刻まれたロゴが印象的です。

ショパールのスイスのアトリエで、自社職人によってデザインされました。

情熱と、上品さ、そしてゴージャスさが終結した傑作となっています。

アイスキューブ は、幾何学的なコンセプトをベーステーマとして。

ゴールドとダイヤモンドが織りなすコンテンポラリーなデザインが特徴です。

小さなキューブが一列に並んだ姿がスタイリッシュに手元を照らしてくれます。

ブライダルリングとしてはもちろん、ファッションリングとしても活躍し、毎日身に着けていたいひと品となっています。

ショパールの買取ならジュエリーファンがオススメです。

大黒屋の査定ポイント

大黒屋は買取専門店の中でも、高額買取が期待できる業者として注目されています。

では、大黒屋ではどのような点にポイントをおいて査定が行われるのでしょうか。

大黒屋・評判サイトによるとチケットを始め、貴金属やブランド品などを幅広く買取しています。

ここではそれらを代表して、バッグと時計、ジュエリーについてご紹介します。

まずバッグについては、仕様感が最も重視されるポイントになります。

角が擦れていないか、型崩れしていないか、汚れや傷がないか、革の匂いに変化はないか等が査定ポイントとなり、これらを総合的に見て鑑定が行われます。

時計についても、傷や汚れがないか、修理がされているか、正常に作動しているかなどが見られます。

研磨したり、クリーニングすることでとれる傷や汚れについてはマイナス査定の対称になりませんが、正常に作動するかという点が最も重要なのだそうです。

ジュエリーについても、宝石と付属品の傷や汚れ、サイズなどがみられるとのことです。

研磨やクリーニングでとれる傷や汚れはジュエリーについても重視されませんが、保存状態やサイズなどが査定のポイントに挙げられます。

つまり、大黒屋ではより新品に近い状態で保存されている製品が高額査定を期待できるかのポイントになります。

ロレックスのミルガウスについて

ミルガウスは、ロレックスが作っている時計の中でも一風変わったモデルです。

稲妻型の秒針をしていますし、何といっても特徴的なのは、帯磁性を備えているという点です。

主に、医療機器に接する医師や、コンピューターを使用する技術者などをターゲットとして作られました。

現行モデルは2007年から作られている3代目のモデルですが、2代目が製造終了してから20年の間隔があいていました。

そして、1代目と2代目は、流通量が少なかったため、現在でもコレクターズアイテムとして人気が高いアンティークロレックスとなっています。

実際、状態が良い個体は、300万円以上の値が付いています。

ちなみに現行モデルの定価は、842,400円ですから、実に4倍ほどの開きがあります。

現行モデルの文字盤は、黒、白、青の三色です。

そして、形状はエクスプローラーⅠのようなシンプルな物となっているため、日常使いに適しています。

ただし、細部は他モデルと比較しても、文字盤の色の配色や数字の色も独特であるため、他人と差別化を図りたいという人に適していると言えるでしょう。

性能面でも申し分なく、48時間のパワーリザーブ、100メートル防水機能を備えており、タフな時計であると言えます。

ロレックスのヨットマスターについて

ロレックスのヨットマスターは、リゾートを自家用クルーザーや自家用ヨットで楽しむようなセレブリティに向けて、1992年に誕生した高級腕時計です。

ロレックスのラインナップのなかでも高級路線のモデルであることを示すのが回転ベゼルのデザイン。

文字盤を囲む枠の部分ですが、ぎざぎざのエンボス加工が施され、ダンディーな風格を感じさせます。

また、メモリが立体的なレリーフになっているのもヨットマスターならでは。

素材も発表当時はゴージャス感漂うオールゴールドで、今もステンレスモデルはラインナップされず、ステンレス&プラチナ、ステンレス&イエローゴールド、ピンクゴールドなど、ラグジュアリー感のあるモデルがそろっています。

なかでも人気は、ステンレス&プラチナのコンビモデルで、文字盤もベゼルもブレスレットもすべてシルバーカラーに統一された「ロレジウム」。

大人の余裕と気品をさりげなく感じさせる優雅なモデルです。

船上で使われることを目的とした腕時計のため、防水性能は100m。

ヨットマスターのシリーズはロレックスのスポーツモデルのなかで、唯一メンズもボーイズもレディースもそろっているため、ペアウォッチとしての人気も高く、夫婦や親子で楽しむ姿も見られます。

売却を検討中の方はロレックスファンなどもご覧ください・

毛皮のクリーニング

一生モノとして愛用されている方が多いと思いますが、普段のお手入れや、クリーニングなど、疑問に思うことが多いのも毛皮ならではですよね。

お手入れは購入した時や、ネットの情報などでも得ることは可能です。

しかし、クリーニングに関しては慎重にしないといけません。

なにせ「失敗」してしまってからでは遅いのですから。

毛皮を間違った方法でクリーニングしてしまった場合、ほとんどの場合が修復が難しい状態だと言われています。

もちろん、毛皮事態を新しくやりかえる方法もありますが、これは購入した時はさほど変わらないほどのお値段がします。

一生モノとして購入したものですから、そう簡単に出せる金額ではありませんよね。

そんな悲しい事にならない為にも、きちんとした毛皮のクリーニングの知識は必ず必要となります。

何よりも自分のためですから、手を抜かず、しっかりと見極めましょう。

最も必要なのはお店選びです。

確実なのは、やはり毛皮専門のクリーニング工場を持つクリーニング店へお願いすることです。

これに関しては、お近くのクリーニング店へお問い合わせすることで知ることが可能ですので、一度聞いておくと良いですよ。

大手のクリーニング店などには、毛皮専門の工場を持っているお店も少なくありません。
しかし、いわゆる地元に密着したグループクリーニング店や個人クリーニング店などでは、取り扱っていない場合もあるそうなので、やはり何事にも、一度連絡をしてみるのが確かですね。

地方在住で大手のクリーニング店がない…。
田舎なので個人店しかない…。
などと言った悩みもあるかと思います。

そんな時は、毛皮クリーニングが出来る宅配クリーニング店を利用するのが良いですよ。

最も有名なのが白洋舎です。
お値段は高価ですが、クリーニングの質は素晴らしいため、間違いが絶対にありません。

また、他にも宅配クリーニング店はありますので、予算やご自分のニーズにあったお店を見つけておくことも良いかもしれません。

ちなみに(http://jewelry-fun.net/)では毛皮やダイヤモンドの高額買取を実施しております。

クロムハーツについて

クロムハーツ(Chrome Hearts)は、今や世界各国で人気の高いハイクオリティな高級ジュエリーブランドで特に925のスターリングシルバーアクセサリーは有名となっております。買取サイトはこちら。

 

1988年にリチャード・スタークによって設立されたこのブランドは、元々趣味であるバイク用皮革ファッションのビジネスから始めましたが、デザインの斬新さが口コミで広がり全米のバイク愛好家の間でとても評判となったようです。

 

その手作り加工による商品数の少ない希少価値と人気から入手しにくいファッションブランドとして浸透していきました。

アメリカではハリウッドスターやミュージシャンなどのセレブリティが愛用しているという事からも、日本でも有名な芸能人やタレントが身に付けるようになり、日本国内で瞬く間に大人気となっていきました。

日本国内での正規販売店は、東京では銀座、原宿、大阪、名古屋、福岡、神戸などの主要都市や、セレクトショプなで取り扱っていることがありますが、大人気であることからクロムハーツ買取業者なども存在しております。

スターリングシルバーアクセサリーであるクロムハーツのジュエリーは、お手入れをしてあげながら大切に使うことで、いつまでも長く愛用していくことができることから中古品であっても、高く買い取りをしてくれることがありますし、このような中古品でお探しのクロムハーツファンが全国にたくさんいらっしゃると言われております。

昔の買取と今の買取

昔から時計はその人の価値を示すものとして使われてきました。

持っている人の価値が試される時計はスイスが本場で、ブランド時計もここから出てきたものが多いです。

最近はそれ以外の時計でも有名なものが多くて、そういった時計を持っているということは富の象徴でもありました。

でも最近は比較的安価な値段で手に入る高級な時計も出てきていて、そういったものがあるから昔の時計はどうしても使わなくなったという人もいます。

ではそういう人はどうしているのかというと、売ってしまうのがいいです。

ウォッチファン|時計買取サービスの最大手

とくに最近は時計を売ることによって高価買取になることもあるし、それによって割引になることもあるので、新しく時計を買おうと思っている人は売ってみるのも良いと思います。

最近はそんなこともあって時計を売る人が増えていて、私も最近は時計を売ろうかなと思っています。

とくに最近は時計買取をしている店も多くて、そういった店でも高く買い取りをしてくれるので時計を昔集めた人とかは売っているみたいです。

  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取

なんでも昔は売るといったら相場よりもかなり安く買い取られることが多くて普通の人は時計などの高級品は売れないという人が多かったのですが、最近の買取りはとてもレベルが上がってきています。

とくに今はブランド時計ならばかなり買取も強化しているところもあって、エルメス買取やヴィトン買取、シャネル買取のようにブランド別で買取をしているところも多いみたいです。

 

お得に利用できるヴィトン買取専門店について

お手持ちのヴィトンのバッグや小物などを売るつもりでいるのであれば、近所にある適当な買取店に持ち込むのではなく、専門店に持ち込むことをおすすめします。

いくら市場価値の高いブランド品のバッグでも、その価値を知らない人にしてみれば単なる使い古しのバッグになってしまいます。

シャネル買取|ブランドファン

ブランド価値などを無視した査定がされることもありますので、一般的な買取店へ持ち込むことはあまりおすすめできません。

ヴィトン製品を売るのであれば、その価値を正しく理解しているヴィトン買取専門店へ持ち込んでこそ、適正な査定額の提示を受けることが可能になります。

専門に行なっている業者はいくつかありますが、その中でも特におすすめできるのがブランドファンです。

ヴィトン買取| ブランドファン

ブランドファンは都内に本社のある買取専門業者なのですが、多数の店舗を展開しています。

どの店舗も駅チカの好立地にありますので、売るための商品を店舗に持ち込む際にはとても便利です。

また、無料宅配での買取も行なっていますので、店舗のない地域の人でも利用することができます。

さらに、品数が多すぎて送るのは大変だという人などに対しては、出張による買取も行なわれていますので、全国どこに住んでいても便利に活用することができます。

もちろん、送料や出張料、査定料などは全て無料ですし、万が一査定後に売ることをやめたとしてもキャンセル料等は発生しませんので、安心して利用することができます。

エルメス買取専門店 BRAND FUN (ブランドファン)